KMKシステム&ソフトウェア株式会社の代表挨拶です

代表挨拶

●代表取締役社長 大竹 博通

 弊社は、「人間尊重を基本とし、お客様に喜ばれる企業」を目指すことを経営理念として、 1986年10月1日に創業を開始し、おかげさまで30周年を迎えることが出来ました。
 この間のIT産業は、ハードウェア・ソフトウェアとも目覚ましい技術革新のなかで、 私どもは当初掲げた経営理念を念頭に、常に顧客ニーズに応えられるシステムの提案や 最新技術の導入・活用による高品質な製品の提供により、お客様から大変喜んでいただき高い評価を得ております。
 これからも、培ってきた伝統をしっかり守り、より一層の技術力の向上と人間性のスキルアップに努め、 お客様に更に喜ばれる企業を目指し、社員一同努力して行く所存でございますので、今後ともご支援・ご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

経営理念


 当社は、人間尊重を基本として、お客様に喜ばれる企業を目指します

  ●お客様を大切にする
   ・品質の良い商品をお客様に提供する。
   ・納期に遅れることなく。予定通りに商品を製造する。
   ・適正価格で販売する。
    (生産性向上および経営効率向上に努力することにより、適正利益を確保し、経営基盤を確立し、
     あわせて社員に還元する)
  ●社員の成長を期待し、資質を伸ばす
   ・優秀な人材を確保、育成すると共に技術力の強化に努め、事業の発展および社会に貢献する
  ●和をモットーに、社内のコミュニケーションをはかる
    職場の活性化、職場環境の向上に配慮し、社員が意欲と安定感を持って自己実現できる立派な
    企業を目指す
  ●情報管理の強化
    個人情報の適切な管理と個人の権利・利益を保護することを社会的責務と認識し、
    事業の発展に貢献する
    

↑ PAGE TOP